鶴丸礼子さん吉川英治賞 贈呈式!

写真・文:瀬尾泰章

4月11日(月)、平成28年度の吉川英治賞(吉川英治国民文化振興会主催)の贈呈式が、東京の帝国ホテルで開かれ、服飾デザイナーの鶴丸礼子さんが、第50回吉川英治文化賞を受賞されました。

気持ちの良い青空のこの日、メディア発表で約700名の関係者、報道陣が集まり、盛大に行われました。

鶴丸さんが受賞されたのは、日本文化の向上に尽くした人・団体に贈られる、吉川英治文化賞。長岡の花火師の嘉瀬誠次さんや、あしなが育英会の会長の玉井義臣さんらと共に受賞です。

鶴丸さんは「鶴丸式製図法」を開発し、障害者向けの服のデザイン、普及に努めた、として高く評価されました。

『まだ道半ばです』、と何度もメディアや関係者に言われていました。『鶴丸式製図法』を学ぶ、多くの職人を育てるという、大きなミッションが待っている、受賞の嬉しさと共に、これからだ!という引き締まった鶴丸さんの表情がとても印象的でした。

4月20日には、大分県竹田市に『鶴丸メソッド・メディカルファッション』スクールが開所する。まさにこれからがスタート!なんです。

身障者衣服に介護保険適用を。
技能士認定制度に身障者衣服製造を。

贈呈式後に行われた祝賀会にも、多くの著名な文化人が集まり、受賞者を祝いました。鶴丸さん(留袖のリメイクドレス)と鶴丸さんのお母様(訪問着のリメイクドレス)との2ショット。

素敵です!

吉川英治文化賞、本当におめでとうございます。

大分合同新聞記事はこちらから…

Share on Facebook

written by

ウラハラ藝大代表 Photographer | 写真家

Comments are closed.

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!