【ゲスト教授】ドリアン助川さん / 映画「あん」公開記念インタビュー

《速報》ドリアン助川さん原作映画「あん」がカンヌ映画祭(ある視点部門)オープニング決定しました!おめでとうございます!(2015.04.25 情報)

http://eiga.com/news/20150425/4/

++++++++++++++++++++

聞き手:佐倉康之
撮 影:瀬尾泰章

今回のゲスト教授は、ドリアン助川さんです。5月30日から、全国の映画館で公開される、河瀬直美監督の最新作、映画「あん」を記念して原作者のドリアン助川さんに、本を書くきっかけとなったお話しをしていただきました。

映画の公開が待ち遠しいです!

映画「あん」公式ホームページ:http://an-movie.com

_92A4331

原作本は、各書店やネットでも購入できます。
是非、映画公開までに原作を読んでみてください。

_MG_7927

そして、ドリアン助川さんは、ニッポン放送の、平日午前11時から放送中の「テレフォン人生相談」に新パーソナリティーとして加わる事になりました。こちらもどうぞお楽しみに!
・ヤフーニュースへ

——————–

プロフィール:

ドリアン助川(どりあん・すけがわ)

1962年、東京都生まれ。詩人、作家、道化師。早稲田大学第一文学部東洋哲学科卒。日本菓子専門学校通信教育課程卒。放送作家などを経て、1990年「叫ぶ詩人の会」を結成、詩の朗読とパンクロックを組み合わせたパフォーマンスが話題となる。1995年から2000年まで、全国ネットのラジオ深夜放送のパーソナリティーを務め、中高生を中心に人気を博す。明川哲也の筆名で『メキシコ人はなぜハゲないし、死なないのか』(文春文庫)、『花鯛』(文藝春秋)、『大幸運食堂』(PHP研究所)、『ゲーテのコトバ』(幻冬舎)など、ドリアン助川で『バカボンのパパと読む「老子」』(角川SSC新書)など著書多数。現在、語りの道化師(アルルカン)として各地でライブ活動を展開、実践体験をもとに『朗読ダイエット』(左右社)も刊行した。(プロフィールは「あん」より)

「道化師の歌」http://durian-sukegawa.com/

「Come Come Everybody」http://www.tetsuya-akikawa.com/

「アルルカン・ヴォイス・シアター」http://arlequins-vt.com/

「地と風の向こうに」http://durian.ocnk.net/

Share on Facebook

written by

ウラハラ藝大代表 Photographer | 写真家

Comments are closed.

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!