「ウラ藝太郎」の小さいな部屋の大きな感動。


「あたってコ! mini 〜ウラ藝太郎の部屋へようこそ〜」は、 2012年の冬に、青森にある十和田市現代美術館で開催された「あたってコ!~つくる展覧会プロジェクト」のサテライト企画です。〝こたつ〟を囲みながら参加者の皆さんと一緒につくりあげる展覧会です。

2013年2月23日24日に日本橋B1スタジオで開催された本企画では、「夢のこたつプロジェクト」で大賞に選ばれた「こたつロボ」を1/4スケールで立体化した作品とその部屋を舞台に、豆本の教科書を見ながら十和田野菜のレクチャーで感心したり、ミニチュア工作に没頭したり、ミニ書道の会で〝頭に浮かぶちっちゃいコト〟をしたためて感嘆したり、〝mini〟にこだわった企画を実施しました。 また、十和田の農家の方々を撮影した『TOWADA FARMERS』のスライドショー上映も行い、現地の空気も感じることができる展覧会となりました。
※「あたってコ!」ロゴデザイン:安斉 将氏

★実施したイベントとクリエイター

『十和田の野菜の愛し方』 タナカトウコ(フードクリエイター)
『ミニチュア書道の会』 日置恵(書家)
『TOWADA FARMERS』 せおひろあき(フォトグラファー)
『ミニチュア工作工房』 島本直尚(デザイナー)


INDEX

十和田現代美術館で開催

あたってコ!~つくる展覧会プロジェクト」は 2012年1月21日(土) - 2012年2月5日(日)十和田市現代美術館主催で行われた企画展です。

TOWADA FAMERS

瀬尾泰章(せおひろあき)が、十和田の集落をめぐり農家さんとの交流を深めながら撮影し、個性豊かな表情をとらえた写真です。十和田市現代美術館で展示上映した写真をご覧下さい。